バーチャルオフィスの弱み

バーチャルオフィスの弱み

バーチャルオフィスの弱み 低コストな起業を実現できるのが魅力のバーチャルオフィスですが、実際にビジネスを進めていく上で不利になってしまう点はあるのでしょうか。バーチャルオフィスを借りる際にまず気になるのが、オフィスまで郵送されてきた郵便物の取り扱いです。ビジネスを行えば当然、様々な郵便物のやり取りが発生することになりますが、バーチャルオフィスの場合その場で仕事をしているわけではないため、受取までにタイムラグが生じてしまいます。自宅や作業場からバーチャルオフィスが非常に遠いという場合、オフィスサービスで即時に転送をしてもらったとしても一日から数日以上の差が生じてしまうでしょう。
このタイムラグを少なくするためには、オフィス運営会社から郵便物到着の連絡が受け取れるよう依頼をしておく必要があります。自宅や実際の作業場からあまり離れていない場所にオフィスを用意しておけば、連絡を受けて当日中に郵便物の受取を完了させることができます。

バーチャルオフィスの強み

バーチャルオフィスの強み バーチャルオフィスの強みは安いことで、通常のオフィスをレンタルする時にかかる敷金や保証金が必要ありません。個人事業主などでビジネス規模は大きくなければ従業員は少なくて良いため、バーチャルオフィスを自宅に導入して会社登記すれば良いです。数千円~数万円のコストで会社を持つことができます。プライベートを確保するために自宅の住所を仕事関係の人に知られたくない場合は、自宅ではない場所を会社住所とします。特にインターネットで商品やサービスを販売する事業だと、多くの人に住所を知られるのでセキュリティ対策として自宅住所を公開することを避けられるメリットは大きいです。
バーチャルオフィスには郵送サービスもあるため、会社宛に送られた荷物も自宅に届けられます。取引先によっては会社の住所によって信頼できるかを決めることもあり、一等地とされる場所にバーチャルオフィスを構えることでビジネスで最も大切な信頼を勝ち取れます。